COORDINATE 春コーデ

【OOTD】古着のロゴスウェットを取り入れたベージュのワントーンコーデ

  1. HOME >
  2. COORDINATE >

【OOTD】古着のロゴスウェットを取り入れたベージュのワントーンコーデ

JKEN(ジェイケン)

【ファッションブロガー】会社員5年間勤務→某大手企業のファッションコーディネーター(WEB販売員)経験→ファッションブログ開設→ブログ開設2年で月間10万PVを突破。ファッション初心者がおしゃれになる方法や、人気スニーカーのレビュー記事等の有益情報を無料で公開中。

こんにちは。

 

この度は当ブログをご覧いただきありがとうございます。

本ブログを運営している、ファッションブロガーのJKEN(ジェイケン)です。

 

ブログでは、参考になるファッションコーデの組み方や、ファッションに関するお悩み・テク等をご紹介しています。

 

本記事は【OOTD/今日のコーデ】。

コーデを組む上で意識しているポイントを解説していきます。

 

今日のコーデのポイント

エディーバウアーのスウェット、古着の白シャツ、オーラリーのチノパン、グッチのビットローファーのメンズファッションコーデスウェット:Eddie Bauer、シャツ:古着、パンツ:AURALEE、ローファー:GUCCI

今回は古着を主体としたコーデを組みました。

テーマはベージュのワントーンコーデ。

 

トップスは大好きなEddie Bauerの古着のスウェット。

普段あまりロゴ入りの洋服は着ないのですが、このレトロな雰囲気にはまってしまい即購入。

オフホワイトカラーなので、ホワイト・ベージュ系のワントーンコーデに取り入れやすいのも気に入っています。

下には古着のバンドカラーシャツをレイヤードして、程良く清潔感を添えました。

 

ボトムはAURALEEのチノパンをチョイス。

AURALEEはほぼ毎年ワイドシルエットのチノパンを出してますが、少し光沢感があるのでカジュアルすぎず、上品な印象が気に入ってます。

シューズはこれまたヴィンテージですが、GUCCIのビットローファーを合わせました。

全体をベージュトーンでまとめているので、黒の革靴で全体の印象を引き締める狙いです。

古着でまとめると野暮ったくなりがちだけど、このビットローファーがそれをいい感じに中和してくれてるかなと思います。

あと、ローファーをはくと靴下がよく見えるので、白のソックスでパキッとした抜け感を取り入れて完成。

 

黒の革靴をあえて白スニーカーとかにして、潔くオールホワイト系にするのも個人的にアリだと思います。

エディーバウアーのスウェット、古着の白シャツ、オーラリーのチノパン、グッチのビットローファーのメンズファッションコーデ エディーバウアーのスウェット、古着の白シャツのメンズファッションコーデ オーラリーのチノパン、グッチのビットローファーのメンズファッションコーデ グッチのビットローファーのメンズファッションコーデ グッチのビットローファーのメンズファッションコーデ グッチのビットローファー、レイルロードソックの靴下のメンズファッションコーデ

エディーバウアーのスウェット、古着の白シャツ、オーラリーのチノパン、アディダスのスタンスミスのメンズファッションコーデ

 

コーデで使用したアイテムの詳細

【Eddie Bauer/エディーバウアー】1990s EBTEK print sweat -ECRU-

エディーバウアーのEBTEKスウェット

エディーバウアーのテクニカルラインとして展開されていたEBTEKというシリーズのスウェット。

現代のテクニカルラインとはかけ離れたアナログな雰囲気が逆に面白い。

ブランドロゴプリントもこのアナログっぽさとエディーバウアーというブランドだからこそ嫌味を感じさせないのが魅力です。

 

【AURALEE/オーラリー】WASHED FINX LIGHT CHINO WIDE PANTS

AURALEEで毎年アップデートされて発売されているチノパン。

こちらはフィンクスコットンという、地球上の綿花のうちたった5%しか生産できないエジプト綿の中でも特に高品質な綿で作り上げられています。

コットンでありながらまるでシルクのようななめらかな肌触りと、普通のチノパンにはない光沢感を誇っています。

デザインは全体的に無駄がなくシンプルでスッキリとした印象。

まっすぐにストンと下に落ちるようなワイドストレートシルエットなので、迫力がありつつもスラックス感覚で上品に履くことができます。

 

【GUCCI/グッチ】LEATHER HORSE BIT LOAFER(ビットローファー)

グッチのビットローファー

グッチのヴィンテージのビットローファー。

グッチはビットローファーの元祖として知られていますが、その風格は流石の一言。

やわらかなインソールで履き心地も優れています。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回のポイントを簡単にまとめておきます。

おさらいポイント

  • ベージュのワントーンカラーで統一
  • トップスを古着でまとめつつ、黒のビットローファーで上品に引き締め

 

それではまた別の記事でお会いしましょう。

 

 

こちらもCHECK

【名作揃い】メンズにおすすめしたいローファーの王道ブランド9選

続きを見る

こちらもCHECK

【8年目】G.H.Bassのローファー「ローガン」のサイズ感・経年変化・コーデ例

続きを見る

こちらもCHECK

【超優秀】チロリアンシューズの魅力と3大おすすめブランドを発表

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JKEN(ジェイケン)

【ファッションブロガー】会社員5年間勤務→某大手企業のファッションコーディネーター(WEB販売員)経験→ファッションブログ開設→ブログ開設2年で月間10万PVを突破。ファッション初心者がおしゃれになる方法や、人気スニーカーのレビュー記事等の有益情報を無料で公開中。

-COORDINATE, 春コーデ
-, , , , , , , , , ,

© 2022 K2J Powered by AFFINGER5