COORDINATE 春コーデ

【OOTD】フレッドペリーのハーフジップポロを使ったキレイめカジュアルコーデ

  1. HOME >
  2. COORDINATE >

【OOTD】フレッドペリーのハーフジップポロを使ったキレイめカジュアルコーデ

JKEN(ジェイケン)

【ファッションブロガー】会社員5年間勤務→某大手企業のファッションコーディネーター(WEB販売員)経験→ファッションブログ開設→ブログ開設2年で月間10万PVを突破。ファッション初心者がおしゃれになる方法や、人気スニーカーのレビュー記事等の有益情報を無料で公開中。

こんにちは。

ファッションブロガーのK2Jです。

 

今回はこんな感じのコーデを組んでみました。

テーマはブラックのサンドイッチですね。

意識したポイントを簡単に紹介していきます。

 

ゆる~くお楽しみください。

それでは早速いきましょう。

 

コーデのポイント

ベロア素材のポロシャツで差別化を図る

ポロシャツ:FRED PERRY×JOURNAL STANDARD

トップスはFRED PERRYとJOURNAL STANDARDのコラボアイテム。

フレッドペリーのロゴ以外は無地というミニマルなデザインながら、ボディのベロア素材と随所でリブを利かせており、リズム感のある一品です。

シンプルだけど、地味見えしないのがいい所です。

 

HanesのBeefy-Tで抜け感をプラス

Tシャツ:Hanes

ポロシャツのハーフジップから白Tをのぞかせて、抜け感を演出しました。

このハーフジップからどんなカラーや柄を見せるかは、その人のセンスが出る重要なポイント

 

今回は抜け感が欲しかったので白Tでしたが、時にはボーダーTで柄を見せることもあります。

白Tなら、下着見えせず首の詰まり具合が絶妙なHanesのBeefy-Tがコスパ的にも最強です。

 

ボトムスは淡いヴィンテージライクなデニムで抜け感をプラス

デニム:woadblue×EDIFICE

ボトムスはヴィンテージライクな淡い色のデニムをチョイス。

ワイドストレートで、下にまっすぐストンと落ちるシルエットです。

この薄い色のデニムはシルエットによってはやんちゃなイメージを抱くこともありますが、このようなキレイに落ちるシルエットなら自然と馴染みます。

 

ブラックローファーできちんと感と統一感をプラス

シューズ:G.H.Bass、ソックス:URBAN RESEARCH

シューズはG.H.Bassのローファー「LOGAN」を合わせました。

狙いは以下の2点。

  • ブラックを合わせることでトップスとの統一感をプラス
  • キレイめとカジュアルを併せ持つローファーを合わせることで、カジュアルコーデに自然に上品さをプラス

 

このままだとちょっと色が寂しいので、グリーンのソックスで挿し色を利かせました。

【8年目】G.H.Bassのローファー「ローガン」のサイズ感・経年変化・コーデ例

続きを見る

 

全体像

 

アイテムの詳細はこちら

【Hanes】BEEFY-T long sleeve t-shirt

【woadblue×EDIFICE】wide denim

【URBAN RESEARCH】ソックス(グリーン)

 

まとめ

いかがでしたか?

今回のポイントを簡単にまとめておきます。

おさらいポイント

  • ベロア素材のポロシャツで差別化を図る
  •  HanesのBeefy-Tで抜け感をプラス
  • ボトムスは淡いヴィンテージライクなデニムで抜け感をプラス
  • ブラックローファーできちんと感と統一感をプラス

 

それではまた別の記事でお会いしましょう。

 

こちらもCHECK

こちらもCHECK

【8年目】G.H.Bassのローファー「ローガン」のサイズ感・経年変化・コーデ例

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JKEN(ジェイケン)

【ファッションブロガー】会社員5年間勤務→某大手企業のファッションコーディネーター(WEB販売員)経験→ファッションブログ開設→ブログ開設2年で月間10万PVを突破。ファッション初心者がおしゃれになる方法や、人気スニーカーのレビュー記事等の有益情報を無料で公開中。

-COORDINATE, 春コーデ
-, , , , , , , , , , ,

© 2022 K2J Powered by AFFINGER5